北海道で川、湖、海のルアー、フライフィッシングを楽しんでいます。それから雪山も。                             ネガカリスタ


by pockx(ポックス)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

2013.08.03-04 ..
at 2013-08-21 00:26
2013.08.02 ヤマメ..
at 2013-08-15 00:39
2013.07.27 イトウ..
at 2013-08-11 01:07
2013.07.14 ガイド..
at 2013-08-10 17:42
2013.07.13 イトウ..
at 2013-08-09 02:27
2013.07.10 大雨の影響
at 2013-08-07 00:41
2013.07.07 すっぽ..
at 2013-08-03 02:07
2013.07.06 熱き十..
at 2013-07-31 01:18
2013.06.29 みんな..
at 2013-07-29 23:00
2013 M川、粘りの果てに
at 2013-07-17 00:26
2013 小河川のヌシ
at 2013-07-15 16:48
2013 初夏の十勝に架かる..
at 2013-06-20 00:52
2013 初夏の十勝に架かる..
at 2013-06-13 00:21
2013 美国・古平 積丹ロック
at 2013-06-03 01:33
2013 積丹半島と支笏湖ワ..
at 2013-05-27 01:41
2013 濁りのM川、清流の..
at 2013-05-20 01:52
2013 懐深き十勝!大ニジ..
at 2013-05-14 00:05
2013 島牧の白斑
at 2013-04-22 01:12
2013 日本海サクラマス捜索
at 2013-04-02 00:46
2013 ニセコがテイネに!?
at 2013-03-04 02:39

フォロー中のブログ

ultreya blog
Q太郎とLureFishing

外部リンク

カテゴリ

全体
トラウト



ロックフィッシュ
ナマズ
雪山
道具
イトウ
サクラマス
イベント
ワカサギ

以前の記事

2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
ウィンタースポーツ

ファン

画像一覧

2013.07.14 ガイドなのに受難…

良く晴れた日曜日、ルアーフィッシングを始めたばかりの職場の同僚sa-ga君を川案内です。

一通りみっちり教えて!ということでしたので、道具の準備やスプーン、スピナー、ミノーの各ルアーが活躍するシチュエーション、特に数多あるミノーにおいては、sa-ga君が持ち合わせているものの特徴と使う場面を知りうる限り説明しながら近場の渓流までドライブです。

川は鬼のような渇水!こりゃ厳しそうだなぁ…
a0250576_154046100.jpg
sa-ga君は、釣れなくてもいろいろ教えてもらえるだけでいいです!と優しく言ってくれますが、プレッシャーがかかります…





ウェットゲーターを履いてベストを着てタックルをセット。
ゲーターは準備が楽でいいですね!BOAにも助けられて3分かからずに準備完了です。

ゆっくり準備してもらっている間に、土手の上から数ポイントを見て歩きます。

渇水のせいで流れは極端に細くなり、水は濁りなく、シビアな釣りが頭をよぎります。足もとに流れが寄った場所で、ボサの上からゆっくり顔を出しただけで散る数尾の魚影。こりゃあ近づけないな…

まぁ簡単に釣れるよりは練習になるか^^

戻ってもまだ準備中…すいませんすいませんとsa-ga君(^_^;)
いえいえいいんですよ^^最初は準備には時間が掛かるものです。

慣れれば迅速な準備ができるようになるはずです。少し準備のコツを教えながらようやく完了。


a0250576_1542672.jpg
9時半ころに川に入りますが、入ってすぐに先行者の長靴の足跡があります。

途中の水たまりで、まだ乾いていない帰ったばかりと思しきタイヤ痕が残っていました。きっと早朝から入って朝だけやったのでしょう。

早朝狙いに長靴…餌釣りの方かな?


う―ん…どうもマイナス要素ばかり積み重なりますね…


まぁ、自分も学生時代、みっちり餌釣りで渓流めぐりをしていましたのでわかりますが、渓流竿だとこう渇水してしまうと届く距離に近づいたらあっという間に見つかって散ってしまい中々釣れないものです。もし先行者が餌釣りだったらまだ可能性はあるかなぁ。

それと、この川の時合いは毎回昼過ぎにくるので、それを心のよりどころにして頑張って上るしかありませんね…

まずは河原でタックルチェック!
竿はきっちりつながっているか、ガイドへの通し忘れはないか、リールシートにがたつきはないか、リーダーとの結節はどうか、ドラグ調整はきっちりされているか。

リーダーはFGノットかな?ちょっと短いなぁ…結節部を少し力を込めて引っ張ると、スポーーーン!

………ラインを買った店で店員にやってもらったそうですが、こんなことしていると信頼無くしますよ…

FG結び直し!

次にドラグは…やはりゆるゆる。ラインを巻きすぎたときに糸を直接引っ張り出していたのでちょっと気になりましたが、やはり緩すぎました^^;これでは魚に逃げてくださいと言っているようなものです(T_T)

まずは魚種を問わず、基本的な適正ドラグ負荷の調整の仕方を説明します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(省略)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ねっ!

「なるほど!そっすね!」

いや~自分も昔いろんな人の本を読んだりテレビで見たりした受け売りなんですが、こう納得してもらえると気持ちいいものですね!エッヘン!

で、ベンドテストもかねて、ドラグのチェックをしようと、ティップから出る糸をグググと引っ張り、竿を曲げ始めると、パチン!


なんぞ(@_@)!?!?またリーダー抜けた???


いえいえ違いました…


ティップ折損…(T_T)


ゴメスーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



ちょ…いやいやいやいあいあやいやいやいあいあやいやいy!
そんな簡単に折れるわけないべさ!

しかし折れた事実は変わりません…


sa-ga君、「初、初期不良っすよ…これ2回目の釣りですし。前はチビウグイしか釣ってませんし…あんなちょっとしか曲がってないのに折れたらまともな魚釣れないっすよね…折ってもらって良かったっす…」

本当優しいなsa-ga君は………惚れるわ………

しかし自分は竿を購入するときは繋いで持たせてもらって必ずベンドテストをする(してくれる)のですが、どこで買ったのでしょうね。まさかFGノット組んでくれたところ???

速攻で車に駆け戻ってサブロッドを貸出しです。

同じロッドの一番手上のやつですが、こいつは50アップニジとの綱引きにも耐えた奴なので簡単には折れないぜ!

で、再度ドラグの調整方法をレクチャーして実釣です。

サークルキャスト、バックハンドキャスト、フリッピング、ボウアンドアロー、フェザリング、トゥイッチ、ストップ、ジャーク…
明らかに情報量多過ぎ、しかも手本が使ってるロッドはキャストの勇エキスパートカスタム。自分でもエキスパートカスタムでないとうまくできないやつとかあるにもかかわらず、聡明なsa-ga氏はどんどん吸収していきます。
ある程度教えたら、できるかできないかは別として、もうそれらをきっちり意識した釣りをしています。天才か!

一個覚えたら一個忘れる私が教えていいものなのかどうか………

a0250576_1643462.jpg
これはちょっと近づきすぎですが、このあとどんどんサークルキャストの飛距離も精度も上がり、最初は全くできなかったしゃがんでのキャストもできるようになりました。

a0250576_16455984.jpg
オーバーヘッドでは絶対に攻められず、フェザリングなしでは奥まで届けられないような場所ですね。

最初こそ、こんなところでは

「無理っす…

手本見せてくださいよ!」 (え!?竿折ってから厳しいね……(T_T))

と言っていたsa-ga君ですが、2時間もすると「こういうところの方が楽しいっすね(^◇^)」

………天才か!

このたった2時間で、着水後のルアー姿勢ということにまで意識が回るようになり、その結果として
a0250576_16543638.jpg
小型ながらも答えを出すようになりました。

他にも、どうしても近づきすぎて散らしていたヤマメを、飛距離のある鋭いサークルキャストで狙い、きちんと誘って掛けています。


………………天才かっっ!!!


そして現れた深い落ち込み。

大きな石によって流れが分断され、非常に細い二つの小滝を形成しています。流れ込みに落としたいところですが、難しいポイントです。

sa-ga君、流れ込みを狙いますが、岩に当たったり、手前に落ちたり、苦戦しています。


「僕ばっかり釣って申し訳ないんで、やってみてくださいよ!」

え!?ここで!?!?こんな難所で!?!?!?

さっきからちょっと当たりきついよね!?\(◎o◎)/!やっぱり折ったの怒ってるの?ねぇ怒ってるの??


手にはITO Craft ExpertCustom 510ULにABU Cardinal33 先週のヤマメ狙いのまま。

完全にヤマメ用の4LBナイロンが巻いてあるスプールを装着しています。正直尺越えが来ると厳しい………
なんでこのスプールできてしまったのか…


だって竿振るつもりなかったし………


とりあえずイッセンヤマメを投げ込んでみます。

一旦テストキャスト。うわー糸頼りね~マジでかいのこないでね…

と念じながら落とし込みにピンスポットキャスト。

白泡に揉ませて、トゥイッチを入れながら引き出してくると、後に大きな影…

一瞬でわかる余裕の40アップです…

やべ!


あっというまに丸呑みにされる白いイッセン。

合わせるしかありません。


異物を吐き出さんと、大口を開けて身をくねらせるニジマス。

ルアーは完全に口の中におさまっています。

今度は口を閉じ、白泡に戻らんと水面から体を出して反転。

うわぁ嫌な感触…


クン…


テンションはなくなりました。


ザクザクになったラインの先にルアーは付いていませんでした…
歯に当たったか…


決してストック量の多くない小河川の貴重な大鱒。
申し訳ないことをしてしまった…

普段から、掛けてブレイクは魚に良くないから、掛けたらきっちり獲るかばらすかどっちかにすべきと公言している自分が、やってしまいました…

あんな異物が口の中にあってちゃんと生存できるのかどうか…

かわいそうなことをしました…


あ………sa-ga君のタックルかりてやればよかったんだ………


この後もsa-ga君に先行してもらってヤマメや小ニジをちょいちょい釣ってもらいます。
巧くなってきました。

自分も、
a0250576_17244167.jpg
釣り残しを拾っていきます。


一通り満足したようなので、大鱒ポイントを覗いてみます。

ソローりソローりと壁伝いに、木に身を隠しながら近づきます。

sa-ga君スニーキングも様になってきましたね!

40cm台後半が二尾、プールの頭の流れ込みに陣取っています。

50cm絡みの一尾は盛んにクルージングライズを繰り返しています。

食い気満々!うわーちっちゃいテレストリアル投げてみたい~!

しかし今日はガイドに徹します。

立ち位置を支持し、クルージングマスに、キャスティング動作をする釣り人の気配もルアーの着水音にも気づかれないタイミングで投げてもらいます。

今、今今!投げて投げて!ちょ!ちょい待って!!!

あ、今投げて!いやダメだストップストップ!

みたいなのを繰り返すこと10分。

チャンス到来です。今だ!

初心者sa-ga君。ここで最高のキャストを見せます。

ここに連れてきた人がことごとく涙を呑む、プール上を横切る枝。

その下をくぐらせつつできる限り遠目に投げなければなりません。


sa-gaくんのロッドから放たれたスピナーは、低い弾道で枝をくぐり、向こうの流れ込み付近に着水。
残念ながらそこに定位していた二尾の直上に落ちたため、その二尾は一瞬で上流に消えていきましたが、50のやつはまだ気づいていません。


これは、ひょっとするとひょっとするんじゃ…


ちょんちょんと小さくトゥイッチを入れながら、ゆるーっと一定のスピードで巻いてきます。

折よくクルーズしてきた大鱒。


スピナーを見るや、そのまま底に沈みました………


だめだこりゃ!


ルアーで釣れる魚じゃないっすね!
フライでは一回掛けていますが。

沈んだ魚は全く反応しませんが、ルアーが近くを通ると、
a0250576_17402529.jpg
下流に消えていきました。

ここで終了です。

sa-ga君、満足していただけたようで何より!


折ってしまったロッドは、当然初期不良とは認められず、保証で直してきっちり免責分を弁償しました。
本人は最後までいらないっす!と言っていましたが、本当に優しいなぁ(T_T)

これで、3釣行連続でなにかやらかすという記録達成です!
[PR]
by pockx-efc | 2013-08-10 17:42 | トラウト