北海道で川、湖、海のルアー、フライフィッシングを楽しんでいます。それから雪山も。                             ネガカリスタ


by pockx(ポックス)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

2013.08.03-04 ..
at 2013-08-21 00:26
2013.08.02 ヤマメ..
at 2013-08-15 00:39
2013.07.27 イトウ..
at 2013-08-11 01:07
2013.07.14 ガイド..
at 2013-08-10 17:42
2013.07.13 イトウ..
at 2013-08-09 02:27
2013.07.10 大雨の影響
at 2013-08-07 00:41
2013.07.07 すっぽ..
at 2013-08-03 02:07
2013.07.06 熱き十..
at 2013-07-31 01:18
2013.06.29 みんな..
at 2013-07-29 23:00
2013 M川、粘りの果てに
at 2013-07-17 00:26
2013 小河川のヌシ
at 2013-07-15 16:48
2013 初夏の十勝に架かる..
at 2013-06-20 00:52
2013 初夏の十勝に架かる..
at 2013-06-13 00:21
2013 美国・古平 積丹ロック
at 2013-06-03 01:33
2013 積丹半島と支笏湖ワ..
at 2013-05-27 01:41
2013 濁りのM川、清流の..
at 2013-05-20 01:52
2013 懐深き十勝!大ニジ..
at 2013-05-14 00:05
2013 島牧の白斑
at 2013-04-22 01:12
2013 日本海サクラマス捜索
at 2013-04-02 00:46
2013 ニセコがテイネに!?
at 2013-03-04 02:39

フォロー中のブログ

ultreya blog
Q太郎とLureFishing

外部リンク

カテゴリ

全体
トラウト



ロックフィッシュ
ナマズ
雪山
道具
イトウ
サクラマス
イベント
ワカサギ

以前の記事

2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
ウィンタースポーツ

ファン

画像一覧

昨年のイトウ

めっきり雪も少なくなり、北海道も本格釣りシーズンが近づいてきましたね。

今日は、昨年のイトウ釣りの様子を書きます。



2011年8月6日、2010年に35cm、40cmと連続でイトウを上げ、さらに流木かと紛うほどの重い引きをする魚をかけるも、ドラグトラブルでフックを伸ばされ逃したという悔しい思いをした道北の一級ポイントに入りました。

世にいうリベンジというやつですね。

イブニング一発狙いのため、出発は午後です。

出発前に水位をみると、昨年良かった時よりも20cmほど水位が上がっていました。まぁ大丈夫だろうと高をくくってポイントにつくと、思っていたよりも水量が多い…立ち込めません…

仕方がないので、川幅が広くなるポイントまで20キロほど下流に移動します。

上流は渓流の様相を呈していましたが、20キロほど移動するだけで中流域の様相です。
少し濁りも入っています。ササ濁り。個人的には釣りにおいてもっとも良い釣果が出ている水色です。

到着した時点ですでに17時。もう大分いい時間ですね。
カーナビの地図で大きめの流れ込みを確認していたので、流れ込み一か所で決め打ちです。

車からてくてく500mほど下り、流れ込みに出ます。
この流れ込みも大変渓相が良く、また別の日にフライで釣りあがりたいような雰囲気でした。

ちょっと投げてみようかなぁ…いや、今日はイトウ狙いです。そんな時間はありません。


まずは流れ込みの脇を狙います。スカリディープ。


一投目、やや上流の流れの中に投げ込み、沈めながらUターンさせます…

ガツン!

いきなり来ました。しかしバイトのみ。食いません。

二投目も同様の底に向かうイメージのUターンで…ガツン

今度はかかりました。

流れに乗るので重たい!なんでしょう!!

しかし…

流れの筋から引っ張り出すと、あまり暴れないなぁ…あれ?



やはりウグイでした…^^;

30cmオーバー。

この後も流れ込みの一級ポイントではウグイが連発しました。


ここじゃないのかなぁ…

少し下流を見ると、流芯を流れる水が盛り上がる場所があります。偏光グラスを通してよく見ると、大きな岩が沈んでいるようです。

迷わず岩裏を狙います。

スカリディープを通します。
流れを横切らすように岩裏をクロスさせました。

ぬらり

太陽は山の端に隠れ、ササ濁りの水の下、しっかりとは視認できなかったものの何かが動いたような気がしました。

D-コンタクトをじっくり流してみます。

反応なし。

どうしよう…ダリアのガン玉チューンか、skagitボトムトランクで底を小突くか…
迷った挙句、ためしにスピナーを結んでみます。ひらめきでもなんでもなく、ただ目先を変えてみようかなと、そんな軽い気持ちでした。

沈み岩のまっすぐ上流に落とします。

十分に水になじませます、女波が沈み込むポイントで吸い込まれるように底に落ちて行きました。

うまく岩の真裏に入り込んだ…のかな?

トゥイッチ…トゥイッチ…

ガツ

静かに合わせると、来ました。

根がかりのような、微動だにしないこの重量感。

前の年にバラした丸太を思わせる魚を彷彿とさせます。

ロッドをゆっくりと立て、プレッシャーをかけますが、底にへばり付きじっと動きません。さらにロッドをあおります。

その丸太は、ようやく自分の口に針があることに気付いたかのようにゆっくりと反転し、下流に向かって走り始めました。

セルテートのスプールが逆転を始めます。

前年は散々逆回転させられた挙句、途中でドラグがかからなくなる現象に襲われ、止むに止まれずノブをきつく締めこんだ瞬間にフックオフしました…

今回はやや細軸のバーブレスフック。決して無理はできません。

こまめにドラグを調整し、じっくりと時間をかけ、ランディングにいい場所まで誘導します。

走れば糸を出し、休めばプレッシャーをかけ…

100mほど下ったでしょうか、ちょうど浅くなり、開けた場所に出くわしました。

ようやく見えたその姿は、シルバーの魚体、体側にはほんのり紅の差した、見事な美しさのイトウでした。

a0250576_23312987.jpg


計測すると77cmでした。

同年に私の従妹が支笏湖で86cmのイトウを上げていますので、それから見れば一回り小ぶりではありましたが、十分に楽しませてくれました。

a0250576_23361198.jpg

ヒットルアーです。まさかこんなので来るとは。

今年はもう少しサイズアップを図りたいですね。
[PR]
by pockx-efc | 2012-03-08 23:53 | イトウ