北海道で川、湖、海のルアー、フライフィッシングを楽しんでいます。それから雪山も。                             ネガカリスタ


by pockx(ポックス)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

2013.08.03-04 ..
at 2013-08-21 00:26
2013.08.02 ヤマメ..
at 2013-08-15 00:39
2013.07.27 イトウ..
at 2013-08-11 01:07
2013.07.14 ガイド..
at 2013-08-10 17:42
2013.07.13 イトウ..
at 2013-08-09 02:27
2013.07.10 大雨の影響
at 2013-08-07 00:41
2013.07.07 すっぽ..
at 2013-08-03 02:07
2013.07.06 熱き十..
at 2013-07-31 01:18
2013.06.29 みんな..
at 2013-07-29 23:00
2013 M川、粘りの果てに
at 2013-07-17 00:26
2013 小河川のヌシ
at 2013-07-15 16:48
2013 初夏の十勝に架かる..
at 2013-06-20 00:52
2013 初夏の十勝に架かる..
at 2013-06-13 00:21
2013 美国・古平 積丹ロック
at 2013-06-03 01:33
2013 積丹半島と支笏湖ワ..
at 2013-05-27 01:41
2013 濁りのM川、清流の..
at 2013-05-20 01:52
2013 懐深き十勝!大ニジ..
at 2013-05-14 00:05
2013 島牧の白斑
at 2013-04-22 01:12
2013 日本海サクラマス捜索
at 2013-04-02 00:46
2013 ニセコがテイネに!?
at 2013-03-04 02:39

フォロー中のブログ

ultreya blog
Q太郎とLureFishing

外部リンク

カテゴリ

全体
トラウト



ロックフィッシュ
ナマズ
雪山
道具
イトウ
サクラマス
イベント
ワカサギ

以前の記事

2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
ウィンタースポーツ

ファン

画像一覧

昨年の千歳②

本日ニセコに行ってきました。

山頂まで何本かハイクアップしましたが、昨日夜は降雪が少なかったようで、山頂からのラインはトラックだらけでした。ほとんどの時間を深雪探しに費やしまして、なんとか膝下くらいのを何本か戴けたのでまぁまぁ満足です。コース選定をしてくれたつっきー様ありがとうございました。

しかしながら、偶然山頂リフトで出会った同じ職場のH氏夫妻はバフバフ雪を食されたそうです…こんな日でもそんなところがあるのか…正直うらやましいです。

さて、前回のつづきです。


季節は夏の話です。

雨上がりの蝉しぐれが耳に届き、偶然ウォレットに入っていたシケーダを結びました・・・




早朝から午前中いっぱいのんびりと歩きました。
まだ型ものの姿は拝んでいませんが、数は上がったので趣向を変え、午後はトップの釣りに専念しようと思います。

とりあえず流れの中心に放り込んで、フリーで流してみます。

「パシャッ」

いきなりでました。20cmに満たないチビブラウンです。

これは思いのほか釣りになりそうです。

雨で状況が変わったのでしょうか、ド日中にも関わらず活性が上がったように感じます。

小さいのがたまにシケーダを空中に突き上げますが、なかなかフッキングしません・・・
トップの宿命でしょうか。

そういえば某湖のトップクランキングも、ナマズのトップゲームも最初は掛けられなくて苦労しました・・・


一度捕食に失敗した茶鱒は、二度は出ないようです。

シンキングミノーはかなりしつこく同じ場所を流して食わせられることもありますが、トップはどうにもうまくいきません。しかたないので、ポイントの見切りを早めてずんずんと歩きます。

abuカーディナル33は構造がダイレクトな分、リップが水を噛む瞬間や水流の変化による巻き抵抗の増減といった情報がハンドルに伝わりやすく、ミノーメインで攻めるときによく使用しています。

私のものは‘92オリムピック復刻ロットです。オリジナルは’77まで製造されていました。当時としては5.1:1というのはハイギアの部類に入ったのではないかと思います。私が小学生のころ使用していたリョービのスピニングリールは、4.6:1でした。
しかし、現代では決してハイギアといえるギア比ではありませんね・・・
また、現代リールと比べるとどうしても巻きは重いです。

そんなこともあって、速い流れでトップを攻めていると、ラインを回収しきれていなくてスプール内で糸が浮いちゃったりしました。でも早く巻きすぎるとドラグかかかってナチュラルに流れないし・・・
思わぬところでリーリングスピードをこれまでいかに適当に捉えてきたかが露呈しましたね。要練習です!

あ、脱線しましたが話は川に戻ります。

そうして苦労して速い流れにうまく載せることができたときには、
a0250576_23293498.jpg


30cmくらいでしょうか。銭型文様に黒点や朱点がちりばめられ、アブラビレを縁取る鮮やかな朱が目を引く一尾でした。

さらに、カーブを狙います。
ぽっかりと浮いたセミのルアーが静かに流れます。
そのルアーをめがけて影が浮いてきて、頭だけを出して、

「かぽん」

セミルアーを吸い込みました。頭を見ただけでこれまでの魚とはサイズが違います。

バーブレスのトリプルフックなので慎重にやり取りをします。

予想よりも早く寄せることができました。

a0250576_23441160.jpg

丸飲みですね・・・

計測すると、
a0250576_2345666.jpg

44cmか45cmくらいでしょうか。

お腹は細く痩せていました。下りアメマスのような体形です。通りで素直に寄せられたわけです。

続けます。

数メートル上流で、今度は着水と同時に、

「ばっしゃーーん」

と大型の魚が派手な水しぶきを上げて飛び出しました!

こいつは引きます。ドラグはジリジリと逆回転。流れに乗ってゆっくりと下っていきますが、ラインもゆっくりと引き出されていきます。強いな。

しばらく自由に走らせました。30mほど下らされたでしょうか、上流に頭を向け、底にへばり付いて動かなくなりました。

さて、どうしたものか・・・

とりあえず真横に位置取り、トラウティンマーキスを90度倒してジワリと引き寄せます。

時々嫌がるように顔を振りますが、着実に寄ります。

ランディングネットを差し入れると最後の一暴れをしましたが、無事にネットインです。

うあ、なんだこれ!?ドラド???

a0250576_23565394.jpg


体は金色に輝き、朱点鮮やかで丸々と太っています。尾鰭も大きく、体高もあり、ファイター体形でした。

ブラウンは結構な数をあげていると思いますが、こんなに金色の個体は初めて見ました。

a0250576_01950.jpg


49cmかな。50cmには届きませんでしたが、引きの強さはサイズ以上のものがありました。
それよりも、釣りあげてすぐと、計測ができるくらいまで落ち着いた頃とではずいぶん体色に違いがみられました。釣りあげてすぐは金色が強く、朱点もハッキリと主張していました。
しかしメジャーを当てて撮影すると、よく出会うくらいの居つきのブラウンの体色になっていました。
カジキやシイラは体色が鮮やかに変化するといいます。
まぁ・・・死ぬ直前の話ですが・・・
ひょっとして最初の金色は体力を使い果たして死にかけていたサイン!?
この辺りの話をしていくと…特定外来生物と観光資源の絡みで面倒な話にもなりそう…ここでは持論を披露するつもりも議論するつもりもありませんのでこの辺でやめときます(^^;)

この一尾を最後にし、両腕に心地よい疲労感を感じながら帰路につきました。

この釣行で気づいたのは、雨の重要性です。雨が降る前後で明らかに活性は変化しました。真夏の通り雨は恵みの雨にもなりうるのですね。


今年は、一昨年高速下でネットイン直前にフックを伸ばされてばらした巨大ブラウン(目視で60cm!・・・と言っておきます)を上げてやりたいですね。
[PR]
by pockx-efc | 2012-01-29 00:39