北海道で川、湖、海のルアー、フライフィッシングを楽しんでいます。それから雪山も。                             ネガカリスタ


by pockx(ポックス)

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

2013.08.03-04 ..
at 2013-08-21 00:26
2013.08.02 ヤマメ..
at 2013-08-15 00:39
2013.07.27 イトウ..
at 2013-08-11 01:07
2013.07.14 ガイド..
at 2013-08-10 17:42
2013.07.13 イトウ..
at 2013-08-09 02:27
2013.07.10 大雨の影響
at 2013-08-07 00:41
2013.07.07 すっぽ..
at 2013-08-03 02:07
2013.07.06 熱き十..
at 2013-07-31 01:18
2013.06.29 みんな..
at 2013-07-29 23:00
2013 M川、粘りの果てに
at 2013-07-17 00:26
2013 小河川のヌシ
at 2013-07-15 16:48
2013 初夏の十勝に架かる..
at 2013-06-20 00:52
2013 初夏の十勝に架かる..
at 2013-06-13 00:21
2013 美国・古平 積丹ロック
at 2013-06-03 01:33
2013 積丹半島と支笏湖ワ..
at 2013-05-27 01:41
2013 濁りのM川、清流の..
at 2013-05-20 01:52
2013 懐深き十勝!大ニジ..
at 2013-05-14 00:05
2013 島牧の白斑
at 2013-04-22 01:12
2013 日本海サクラマス捜索
at 2013-04-02 00:46
2013 ニセコがテイネに!?
at 2013-03-04 02:39

フォロー中のブログ

ultreya blog
Q太郎とLureFishing

外部リンク

カテゴリ

全体
トラウト



ロックフィッシュ
ナマズ
雪山
道具
イトウ
サクラマス
イベント
ワカサギ

以前の記事

2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
ウィンタースポーツ

ファン

画像一覧

昨年の十勝一発目

寒い!寒いですね。

本日私の住む地域では最高気温がマイナス6℃となかなか厳しい寒気でした。

さて、今回の記事はは昨年何度か通った十勝地方遠征の最初となる釣行です。結論からいうと狙っていたようないい釣果には恵まれませんでした。が、最初の釣行なので書こうと思います。開拓に貧果はつきものだと言い訳します…



十勝には大ニジが棲むとの情報から、地図を見たり書籍を漁ったり、地元アングラーからヒントをもらったりしながらポイントの予想を立て、あとは実際に現地を見ながらポイントを探っていく、手さぐりの釣りとなりました。











2011年6月25日、十勝地方北部の有名河川へ向かいます。今回はHKさんが同行してくれました。十勝の道を知り尽くしており非常に心強いです!
a0250576_0405442.jpg


広大な景色を眺めながら車を進めると、否が応にも期待が膨らみます。

そして川を見たときの腹の底から湧いてくる興奮もとどまるところを知りません。この無性に腹がムズムズして、大声で「ああああああああああ~っっ」と叫びたくなる現象を一言で表現できないものでしょうか!
実際叫んでいたかもしれません。

素早く支度を済ませ、川に降ります。十勝ではフライに分があると聞いていましたので、#5のフライタックルを選びました。

ところどころ樹木が川に覆いかぶさり、シェードを形成しています。

羽化途中のカゲロウも流れています。

ライズがあっても良さそうな雰囲気ですが…

カゲロウは何事もなく人生の一大イベントをこなし、無事に飛び立っていきます。

上流を見ると…
7尺ほどの渓流竿を持って腰に魚籠をぶら下げた先行者が2名おりました。かなりざぶざぶと遡行しています。

流れの規模からすると釣り上りたかったのですが、100mと離れていないところに先行者がいたため釣り下ることとしました。ちょっと場も荒れていそうな気がしましたので…

とりあえずべったり浮くタイプのダンを結びます。

河原は広く、バックキャストも十分に取れるので悠々キャストできます。

しかしながら魚の姿はなかなか見えません。

しばらく下ると、下流から上ってくる方とすれ違いました。

聞くと、朝一に入ってしばらく下り、今は戻りがてら上りの釣りをしているとのこと。我々同様まだ魚の顔は見ていないそうです。ただ少し下でライズしているところがあるとのことでした。

挨拶を交わしてからも我々は釣り下り、ライズがあったポイントらしいカーブに出会いました。結構流れが速い…

じっくり見ていると、確かに速い流れの手前のライン、少しだけ流れが緩んだあたりでたまーに頭を出している奴がいます。大きくはなさそうです。

緩い流れにフライを打ち込み、流します。

………出ない。何度か試しましたが見にも来ません。

速い流れにも乗せてみます。

…いままでの流速とのあまりの差に目が追い付かず、数秒でフライを見失いました………いやひょっとしたら浮力の弱いフライを結んでいるので沈んだかな?
フライが流れているであろう辺りを凝視して探します。

と、その直後、見ていたところより1mも下流で水飛沫が上がりました。

まさか!念のため合わせてみます…
a0250576_1135357.jpg

20cmくらい…

まぁでも顔が見られてよかった^^
…フライは見えてなかったけど…

その後、すぐ下からも数名の釣り人が上ってきました。まだ当たりもないとのこと。我々も早々に切り上げ、午前の部はこの一尾で終了となりました。

そして午後はイブニングに合わせて十勝東部の有名河川に入りました。

こんな近くに有名な川がわんさかある十勝が本当にうらやましい…

ここではルアーでやってみます。

午前の川よりも大分水が多く、深場も多くあります。これは大きいのいるだろうな。

深場でいつも使う スミス Dコンタクトを結び、なるべく沈めて底付近で縦にトゥイッチを入れます。
ドリフトさせながら、時々ボトムで躍らせるイメージで小さくちょんちょんと動かすと、ココンとバイト!

a0250576_1241590.jpg

20cmなさそう…

あれ?もう少し大きいの居そうなんだけどな…

HKさんは落ち込みで25くらいのを上げています。

少し上流に上ると、いいプールがありました。
かなり深そうです。ディープオン5gを結び底を浚います。

一投目、ほとんど底を転がすように、時々底を感じながら引いてきます。
手前のカケアガリからルアーが見える深度まで巻いてきたとき、後ろに大型の魚がびったりとくっついているのが確認できます!もう鼻先でつつくような距離感。これは掛けねば!!

小さくトゥイッチし、一瞬、間をあげます。トゥイッチで魚がフッと寄ってきて、間で咥えたように見えました。

…トッ。手元にも確かな感触が伝わり、合わせはもう無意識です。

重さがありました。トラウティンマーキスボロンが曲がります。魚は急反転して身を悶えているのが目視できます。カーディナル33がジッと鳴ります。



その重さを堪能できたのはものの5秒とありませんでした。

痛恨のバラし。原因はわかりません。ちゃんと食ってたし、ラインテンションもかけてました。掛り所が悪かったか、たまたま上手に針から逃れる角度に頭を振ったか…

と、申しましても、たぶん40cmちょっとくらいです。大ニジとまでは呼べないでしょう。良く出会えるサイズでした。

残念ではありましたが、さほど悔しくはありませんでした。知らぬ川で探り探りのメソッドで、この魚に出会えただけでも満足でした。

しかし、この一尾が、後に夏場のリベンジ魂を駆り立てる一尾になるとは、このときはまだ気づいていませんでした。


まだいるはず!

と底を浚い続けます。

すると、
a0250576_1384738.jpg

またしてもおチビちゃんが遊んでくれました。

きれいなニジマスでした。型はなくても、筋肉質でヒレの大きな、将来大物になる可能性を多分に秘めた一尾であったと思います。


この日はこれで撤収しました。

が、遠征を終え、日を経つにつれてあの時はそんなに悔しいとも思っていなかった40ニジが頭をめぐるようになり、それは50cmに迫るブラウンを釣っても、40cmを超えるアメマスを釣っても消えることなく、8月の再挑戦につながったのです。


そして、それはまた後日。
[PR]
by pockx-efc | 2012-01-15 02:14 | トラウト